2020年11月12日 (木)

さよなら能見さん

昨夜の聖地DENA戦は虎の今季最終戦であると同時に今季限りで退団する能見さんの虎ラストダンスの日だった。

このメモリアルなゲームの先発は救援登板で輝きを取り戻しつつある藤浪だ常時150キロ代後半をだす直球の威力は抜群で5回を無失点4安打9奪三振という圧巻のピッチングで後続にあとを託した9回表1点リードで抑えのマウンドに向かう能見には万雷の拍手これに応えるように退団がもったいないような最速149キロのストレートで三者凡退通算2セーブ目を記録来期はこの雄姿が縦じまではなくなるのがさみしい新天地での活躍を願うが出来れば虎の前には立ちはだかってほしくはない。一説にはヤクルトが興味をしめしているとか

| | コメント (0)

2020年11月11日 (水)

さらば火の玉

虎の絶対的守護神藤川球児が現役生活を終えた。今季読売最終戦となった昨夜の聖地甲子園リードされた9回表いつものテーマに乗せて球ちゃんはいつものように右翼ブルペンから雄姿を現した坂本から始まる打線に全球直球の真向勝負引退するのがもったいないような最速149キロの火の玉ストレートで3者凡退に見事な有終の美だった欲を言えば勝ちゲームあと一球コールの中で送りたかったがこれは仕方がない。とにもかくにも球ちゃん21年間夢を見させてもらったありがとう。

| | コメント (0)

2020年7月29日 (水)

史上最高助っ人?

神宮球場に花火ではなく満塁弾のスターマインがあがった。

3回ボーアが一発目の満塁弾を右翼に叩き込むと4回今度はサンズが弾丸ライナーのグランドスラムを右翼に突き刺した。スターマインならぬグランドスラム連発で燕を撃破今年の助っ人史上最高かもしれない

| | コメント (0)

2020年7月20日 (月)

来た来た来たあ

開幕当初はまったく調子が上がらず2勝10敗とどうなることかと思ったが、たとえ無観客でも聖地甲子園は虎の大きな味方らしくカード勝ち越しが続き昨日までの中日3連戦は前回の名古屋ドーム3タテをそのままお返しでついに5割復帰(ここまでのペースで借金完済とは予想もしていなかった。)しかも3位浮上のおまけまでついて今年の虎なんだか期待してもよさそうだ。

 

|

2020年7月 8日 (水)

無観客でも楽しい

コロナの影響で2カ月遅れでようやくプロ野球が開幕した.無観客だからテレビ観戦しかできない。観客がなく応援や歓声のない中継に不安があったが、そこは待ちに待った開幕だやはりわくわくする.これで虎が勝てばいう事無いのだが。

| | コメント (0)

2020年6月24日 (水)

こんな虎が見たかった

東京ドームで開幕3連敗の苦渋を飲んだ後神宮での燕退治は主砲マルテの今期1号が飛び出し二ケタ安打で快勝。そうだよこんな虎が見たかったんだ。

|

2020年6月22日 (月)

待ちに待った開幕、しかし

6月19日金曜日無観客ながら待ちに待った開幕を迎えた。テレビ前に陣取り観戦、画面のスタンドが空なことと応援の声が聞こえないことを除けばいつもとかわらないテレビ観戦だ。しかし虎の打線は鳴り物入りの新打線だったが相変わらずの得点力不足バースの再来などと騒がれたボーアなどバットに当てるのが精いっぱいで長打どころかゴロばかりで打球が上がらずひどい状況で読売相手に屈辱の開幕カード3連敗今年は本当にだめな予感しかしないが球春(夏?)到来自体はうれしいかぎりだ

| | コメント (0)

2020年4月 6日 (月)

復活の日

1980年公開の角川映画復活の日をDVDで見た。公開時にも劇場で見ていたが今回はまるで違った印象で見た。当時はこんなこともあるかもなくらいの印象だったが今回は「おやコロナに似ているではないかこれは他人事対岸の火事ではない」と感じた。この映画の原作はあの日本沈没を書いたSF作家小松左京氏が1964年に発表した小説だ東西冷戦下における細菌兵器のウイルスが事故で拡散し人類滅亡へのシナリオがすすむという話だが、対処法のわからない新種ウィルスであるという点など酷似する点も多い、残された人類の中の科学者が奇跡的にワクチンを発見しわずか900名たらずだが人類が存続するという結末だが、今回のコロナにも人類はきっと打ち勝つことを信じたい、いずれにしても60年近くも前にこんな展開の小説を発表した小松左京氏に脱帽

| | コメント (0)

2020年4月 1日 (水)

コロナの影響

コロナの影響で今年のプロ野球がどうなるのかまったくわからない一向に減らない感染者増加を思うと5月開幕どころでもなさそう。

そこで今年はペナントレースを中止して秋に12球団でトーナメント戦の選手権を行うってのはどうかな

| | コメント (0)

2020年1月24日 (金)

どっちが本当?

昨季貴重な中継ぎとして頭角を現した守屋にふってわいたような騒動が夫婦けんかが障害事件にまで発展しつつある。守屋は暴力の事実はないと主張しているが要は犬も食わない夫婦間のいざこざどうにもなるまい

|

«右の大砲(?)になるか